コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呪師猿楽 じゅしさるがく

大辞林 第三版の解説

じゅしさるがく【呪師猿楽】

呪師の行う儀式の内容をわかりやすく演技で示した猿楽者の芸能。呪師。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅしさるがく【呪師猿楽】

平安時代,寺院に属し,法会の際に呪師の役を代行した猿楽東大寺興福寺等の大寺では,春を迎え,新しい年の太平を祈る修正会(しゆしようえ),修二会(しゆにえ)の勤行の際,法呪師(呪師)と呼ぶ役僧が,仏法守護の神々を勧請して,結界,鎮壇,鎮魔,除魔等の密教的な行法を受け持った。行法の動作は激しく,鈴を鳴らし,太刀を振り,足早に小刻みに走り回った(走り)らしい。本来行法であるものが,芸能的に賞翫(しようがん)されるようになり,はては貴族が自邸に法呪師を招くようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の呪師猿楽の言及

【猿楽】より

…これを猿楽能と呼んでいいであろう。 平安期,猿楽者の中には神社や寺院に属して法会や祭礼に参勤し,法呪師(呪師)の役を代行する呪師猿楽と呼ばれる存在があった。また南北朝から室町初期にかけて猿楽者の集団は座の体制をとるようになり,各地に猿楽の座が存在した。…

【呪師】より

…11世紀半ばごろには寺院に属して法会の余興を務めていた猿楽者の一部が,呪師の所作を代行するようになった。これを呪師猿楽といい,13世紀ごろまで観賞芸能として貴族層に受け入れられた。今日の《式三番》には〈呪師走り〉の名が残されている。…

【能】より

…一方,寺院の春の法会(ほうえ)における呪師作法(しゆしさほう)に関連して,修法の意義を演技・演舞によって示す役目を,猿楽者に任せるようになったらしい。これを呪師猿楽といい,激しい動きを見せるものだったようだが,その内容には不明な点が多い。また,老翁の姿の神が訪れて祝福を与えるという芸能は,各地方に古くから存在したと考えられるが,その老翁を猿楽者が勤める慣例ができた。…

※「呪師猿楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

呪師猿楽の関連キーワード住吉の御田植平安時代仏教音楽儀式

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android