伊勢猿楽(読み)いせさるがく

世界大百科事典 第2版の解説

いせさるがく【伊勢猿楽】

伊勢神宮の正月と4月の神事に勤仕していた猿楽座で,和屋,勝田,青苧(あおそ∥あおお)(青王(あおお))の3座があった。《風姿花伝》神儀編の諸国の猿楽座について記した個所に〈伊勢,主司(しゆし),二座〉とある。〈主司〉は〈呪師〉であり,伊勢猿楽が平安・鎌倉期の寺院の修正会・修二会で〈走り〉と呼ばれる芸を演じていた呪師の系統の座であることが示されている。〈二座〉とあるが,四巻本系の《風姿花伝》ではこのあとに〈和屋,勝田。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いせ‐さるがく【伊勢猿楽】

〘名〙 室町時代、伊勢皇大神宮の神事に奉仕した猿楽。和屋、勝田、主門(青宁(あおそ))の三座が伊勢国にあった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の伊勢猿楽の言及

【呪師猿楽】より

…これを〈呪師猿楽〉という俗称で呼び,その芸を〈走り〉と称したらしい。世阿弥の《風姿花伝(ふうしかでん)》に,〈伊勢,主司(しゆし)二座〉(4巻本は三座)とあり,主司は呪師のことで,伊勢猿楽が呪師猿楽の系統であり,〈走り〉の芸を演じていたことを示している。〈走り〉は舞楽の走り物の系譜に立つと思われる芸が京洛貴族に迎えられ,宮廷や六勝寺の法会では〈昼呪師〉の芸が行われて,一般の猿楽より高く遇された。…

※「伊勢猿楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android