コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和気王 わけのおう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和気王
わけのおう

[生]?
[没]天平神護1(765).8.1. 山城
舎人親王の孫御原王の子。天平勝宝7 (755) 年岡真人の姓を賜わったが,天平宝字3 (759) 年旧籍に復した。同8年には参議従三位に進み,翌年勲二等を授けられ功田 50町を賜わったが,謀反を企ててとらえられ,伊豆へ配流の途中絞殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和気王 わけおう

?-765 奈良時代,三原王の王子。
舎人(とねり)親王の孫。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)7年岡真人(おかのまひと)の氏姓をあたえられたが,のち王に復し和気王となる。従三位,参議,兵部卿にのぼる。称徳天皇の皇嗣問題で謀反をはかって捕らえられ,天平神護(てんぴょうじんご)元年8月伊豆(いず)配流の途中絞殺された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

和気王

没年:天平神護1(765)
生年:生年不詳
奈良時代の皇族。舎人親王の孫。三原王の子。一時岡真人の姓を賜ったが,のち王に復籍。天平宝字8(764)年,藤原仲麻呂の謀反を事前に告げ,その功により従三位,参議,兵部卿に昇進。淳仁天皇廃位の際,同年10月9日,兵部卿和気王らは天皇がいる中宮院を囲んだ。天平神護1(765)年,称徳天皇に皇嗣がないことから,自ら皇位を望み粟田道麻呂,大津大浦,石川永年らと謀反を計画したが発覚。逃走中率川社(奈良市)で逮捕,伊豆国(静岡県)へ配流の途次,山背国相楽郡で絞殺され,狛野(京都府精華町)に葬られた。子に大伴,長岡,名草,山階,采女の諸王がいる。

(増渕徹)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わけのおう【和気王】

?‐765(天平神護1)
天武天皇の曾孫,舎人親王の孫,御原王の子。755年(天平勝宝7)岡真人の姓を賜い因幡掾。759年(天平宝字3)舎人親王に崇道尽敬皇帝を追尊したとき正六位上から従四位下,さらに内匠頭となる。761年節部(大蔵)卿になるまでに和気王に復す。763年伊予守,翌年従四位上,9月藤原仲麻呂の乱を告発し,従三位参議兼兵部卿,10月淳仁天皇を中宮院に包囲して廃立に関与した。765年1月勲二等,3月功田50町を受けたが,藤原仲麻呂の乱後の処置に不満があったらしく,8月謀反に座し,その夜逃れて現在の奈良市内の率河(いざかわ)社にかくれたが捕らえられ,伊豆国に流される途中山背国相楽郡で絞され,狛野に埋められた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

和気王の関連キーワードハクチョウ誉津別命菟上王紀益女

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android