コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下学集 かがくしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下学集
かがくしゅう

著者は「東麓破衲 (とうろくはのう) 」の自序があるが未詳。2巻。文安1 (1444) 年成立。刊行は遅れて元和3 (1617) 年。意義分類体の辞書。室町時代の日常語彙約 3000語を天地時節など 18門に分け,簡単な説明を加えたもの。その主要目的はその語を表記する漢字を求めることにあった。室町時代のみならず江戸時代にも盛んに利用され,その写本,版本はかなりの数に上る。類似の性格をもつ『節用集』に影響を与えているとみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かがくしゅう〔カガクシフ〕【下学集】

室町中期の国語辞書。2巻。著者未詳。文安元年(1444)成立。天地・時節・神祇(しんぎ)・言辞など18部門に分類し、用字・意味・語源を簡単に記したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

下学集【かがくしゅう】

国語辞書。2巻。1444年成る。著者は序末に〈東麓破衲〉とあるだけで不詳。天地,時節,神祇(じんぎ)など18門に分類。語義,語源,用法などについての簡単な注がある。
→関連項目国語辞典(日本)塵袋

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かがくしゅう【下学集】

日本の古辞書の一つ。1444年(文安1)成立。著者は,序末に〈東麓破衲〉とあるのみで不明。京都東山建仁寺の住僧かといわれる。ただし,その成立には《壒囊鈔(あいのうしよう)》と密接な関係があると推定される。内容は〈天地〉〈時節〉以下18の門目を立てて,中世に行われた通俗の漢語の類を標出し,多くの場合それに注を加えてある。配列が《節用集》のようにいろは順でないから,語の検索には不便である。大まかにいえば,《節用集》のほうは《下学集》をいろは引きに改修したものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かがくしゅう【下学集】

国語辞書。編者は東麓破衲とうろくのはのうとあるが未詳。二巻。1444年成立。当時の国語を意義に従って天地・時節など一八門に分け、簡単な用字法・語源を記す。末書として、山脇道円の増補した「増補下学集」(1669年刊)ほかがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下学集
かがくしゅう

国語辞書。2巻。東麓破衲(とうろくはのう)(東山の麓(ふもと)の僧の意で、実名不明)著。1444年(文安1)の成立とされる。天地から言辞、畳字に至る18の部門に、日常に用いる漢字漢語を中心として約3000語を分類する。室町時代には盛んに利用されていたらしく、慶長(けいちょう)(1596~1615)以前の古写本だけでも30以上現存する。版本は1617年(元和3)刊本がもっとも古い。しかし、のちに成立した『節用集(せつようしゅう)』が、いろは順配列で検索に便利であったため、江戸時代の版行は振るわなかった。書名は『論語』憲問篇(へん)の「下学而上達」による。[沖森卓也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の下学集の言及

【辞書】より

…意義分類に四声・イロハの分類を加味したもので,嘉慶2年(1388)書写の奥書をもつ本が伝わっている。 日常所用の語彙の辞書としては,まず意味分類のものに《下学(かがく)集》がある。著者は建仁寺の僧かといわれ,1444年(文安1)の成立である。…

※「下学集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下学集の関連キーワードかんぴょう(干瓢)国語辞典(日本)やかん(薬缶)割符(さいふ)シャクナゲ決り・刳りざる(笊)連雀商人モクセイしょうゆ修善寺紙スイセンハコベ天中節用字法羽子板国語学頼母子和玉篇臼辺鳥

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android