和蕃公主(読み)わばんこうしゅ

日本大百科全書(ニッポニカ)「和蕃公主」の解説

和蕃公主
わばんこうしゅ

政略上、異民族の君長に嫁いだ中国の公主。公主とは天子の娘または皇族の女子をさす。王昭君(匈奴(きょうど))、細君(さいくん)・解憂(かいゆう)公主(烏孫(うそん))、義成公主(突厥(とっけつ))、文成公主(吐蕃(とばん))、寧国(ねいこく)公主・咸安(かんあん)公主・大和公主(以上ウイグル)などがある。和蕃公主は異民族の間へ中国文化を浸透させるうえで大きな役割を果たした。突厥碑文でハガンの妻妾(さいしょう)・娘などをクンチュイqunchuyと称するのは、公主の語がなまったものである。

[護 雅夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「和蕃公主」の解説

わばんこうしゅ【和蕃公主 Hé fān gōng zhǔ】

中国史上,周辺の外族を懐柔するため降嫁させられた王族女子。公主はプリンセスの意。前漢代に烏孫王に遣わされた細君以下,北周から突厥(とつくつ)可汗に送られた千金公主(のち隋の大義公主),唐初吐蕃のソンツェン・ガンポに嫁した文成公主等が名高い。中国側の武力的劣勢をカバーするため遊牧諸族の意向を受け入れ降嫁したもので,王族といっても疎遠なものや養女の場合もあった。しかしこれが漢文化浸透の契機となった点も看過しえない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android