コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

哥沢芝金 ウタザワシバキン

世界大百科事典 第2版の解説

うたざわしばきん【哥沢芝金】

うた沢芝派(哥沢)の家元名。(1)初世(1828‐74∥文政11‐明治7) 本名柴田金吉。江戸日本橋高砂町の御家人柴田弥三郎の三男。若いころから音曲を好み,愛称〈芝金〉。渋い歌と巧みな三味線で知られ,うた沢創始期にも参画している。歌沢笹丸の没後に家元樹立を出願,1861年(文久1)土佐太夫の名を嵯峨御所より受領。〈歌〉の字の偏だけをとった〈哥〉を使って寅派と区別,初代芝金を名のって別派活動を行う。1867年(慶応3)流儀の歌本《松の美どり》を刊行。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

哥沢芝金
うたざわしばきん

うた沢芝派家元の芸名。

初世

(1828―74)本名柴田金吉。歌沢笹丸(ささまる)(1797―1857。1857年に歌沢節樹立の公許を得、歌沢大和大掾(やまとのだいじょう)を名のったが、その年に病没)没後の1861年(文久1)当時遊芸に関する許可などを扱っていた江戸・浅草聖天町の嵯峨(さが)御所出張所から哥沢土佐(とさ)を受領し、芝派家元となった。[林喜代弘・守谷幸則]

2世

(1868―1907)初世の養子貞之助が初世没後に襲名したが、内気な性格からやがて芸界を退いて職を転じた。[林喜代弘・守谷幸則]

3世

(1840―1911)江戸・深川廻船(かいせん)業南部屋久次郎の娘で、20歳のとき初世の養女となる。前名芝勢以(しばせい)。1888年(明治21)3世を襲名。1908年(明治41)土佐を名のり、養女の錦に4世を譲った。[林喜代弘・守谷幸則]

4世

(1892―1981)本名柴田錦。3世の弟柴田保の三女で、長女清は2世哥沢芝勢以(1883―1971)。1908年(明治41)に4世を襲名。58年(昭和33)土佐芝金と改名し、長男修(1934―86)に5世を襲名させた。5世没後、分家家元哥沢芝清(しばきよ)が1990年(平成2)6世芝金を名のる。[林喜代弘・守谷幸則]
『水谷三郎編『二世哥沢芝勢以伝』(1967・同書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の哥沢芝金の言及

【うた沢∥哥沢∥歌沢】より

…その一つ,江戸人形町大丸新道の女師匠さわの所に通っていた畳屋の平虎(ひらとら)(2世歌沢寅右衛門),は組火消しの辻音(つじおと)(1824‐94,本名福井音次郎)など,約50人あまりは,〈うたのおさわ〉の弟子というので,〈歌沢連〉と称していた。やがて,さわが亡くなり,妹,きわが稽古を続け,五百石取り旗本の隠居で笹本彦太郎(1797‐1857,号は笹丸,歌沢絃三),御家人の三男坊柴田金吉(初世哥沢芝金),小普請(こぶしん)方の次男森語一郎(1826‐86,のちの萩原乙彦,歌沢能六斎(うたざわのうろくさい))といった武家も仲間となり,端唄の流行が,三味線の騒ぎ歌としかみられなくなったのを嘆いて,〈もっと品のよい重みのある歌,節もていねいに細かくうたうようにしたらどうか〉と考えたのが,端唄を母体とした新しい三味線小歌曲の創作であった。学識のある笹本彦太郎が中心となり,秘書役で森語一郎,平虎,柴田金吉,辻音,そのほか数人が参画,水が集まって〈沢〉になるごとく,いろいろな音曲を加味した〈歌〉の集大成といった意味を含めて〈歌沢〉と称することにした。…

※「哥沢芝金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

哥沢芝金の関連キーワード哥沢 芝勢以(2代目)哥沢 芝金(4代目)哥沢 芝金(5代目)哥沢 芝金(3代目)歌沢・哥沢・うた沢哥沢芝勢以(2代)哥沢芝金(4代)哥沢芝金(5代)哥沢芝金(3代)哥沢芝金(2代)歌沢虎右衛門歌沢大和大掾2月16日清元 お葉4月4日清元お葉

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android