コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐戸 カラド

デジタル大辞泉の解説

から‐ど【唐戸】

開き戸式の扉。古くは板唐戸であったが、のちには桟唐戸(さんからど)が多く用いられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

唐戸【からど】

ふつう桟唐戸をいう。(かまち)を組んだ中に縦横の桟を入れ,これに薄い入子板を固定した開き戸。板が離れないように上下に端喰(はしばみ)を用いはめこんだ板扉(とびら)を板唐戸という。
→関連項目建具

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

からど【唐戸】

両開きの板扉。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐戸
からと

両開きの板扉の総称。古代の唐戸は板唐戸で、法隆寺金堂のように厚い一枚板のもの、唐招提寺(とうしょうだいじ)金堂のように数枚の板を裏桟で留めたものなどがある。後者の扉では表面に釘(くぎ)が現れるので、釘隠しとして唄(ばい)(饅頭(まんじゅう)金物、乳(ちち)金物ともいう)を打つ。釘をみせないように木端に合釘を入れてはぎあわせた板唐戸では、上下に板のずれを防ぐため端喰(はしばみ)を入れる。また、扉の召合せには定規縁(じょうぎぶち)をつけ、すきまをふさぐ。寝殿造(しんでんづくり)の住宅では、唐戸が妻側に設けられるので、妻戸ともいう。中世になって、大仏様や禅宗様の建築では、上下、左右に框(かまち)を組み、内に竪桟(たてざん)、横桟を渡して、連子(れんじ)や鏡板(かがみいた)を入れた桟唐戸が用いられ、以後はこの形式のものが盛んになる。[工藤圭章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

唐戸の関連情報