コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐津くんち からつくんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐津くんち
からつくんち

佐賀県唐津市唐津神社秋祭りで,毎年 10月29日の本殿祭の神事のあと,11月2~4日に行なわれる神幸祭とそれに伴う曳山の行事に対する呼称。1967年までは 10月28~30日に行なわれていた。曳山は氏子各町から全部で 14台出される。いずれも台座の上に大きなつくりものが載ったもので,文政2(1819)年に刀町の石崎嘉兵衛という人物が,伊勢参りの帰路に見た京都の祇園祭に触発されて赤獅子をつくり,奉納したのが始まりとされる。その後,文政7(1824)年に中町の青獅子,天保12(1841)年に材木町のカメと浦島太郎,天保15(1844)年に呉服町の源義経など,1876年までに各町が次々と曳山をつくった。祭りは 11月2日の夜が宵ヤマ,3日が神幸祭とその行列に供奉する曳山の御旅所への曳込み,4日は曳山の町廻りとなっている。宵ヤマでは各町の曳山が唐津神社前に勢ぞろいし,神幸祭では神輿の前後に曳山が行列をなして旧城下町を進み,御旅所である西の浜明神台にいたる。その後,曳山は各町内を巡行する。最終日の町廻りでは,曳山が唐津神社から神幸祭と同じ経路で市内をめぐり,夕刻に神社に隣接する曳山展示場に納まる。いずれの行列も,刀町の赤獅子の曳山を先頭に,曳山の製作年代順に進む。1980年に曳山行事が国の重要無形民俗文化財に指定され,2016年に「山・鉾・屋台行事」の一つとして国際連合教育科学文化機関 UNESCOの世界無形遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の唐津くんちの言及

【佐賀[県]】より

…これらの半島沿岸と沖合の高島,神集(かしわ)島,小川島,加唐(かから)島など付近一帯は玄海国定公園をなす。住吉三神とこの地方の豪族をまつる唐津神社の秋祭〈唐津くんち〉の絢爛(けんらん)豪華な14台の曳山(やま)や,呼子(よぶこ)の大綱引,名護屋の盆綱ねりなど,玄海浦々の年中行事は開放的で多彩である。(2)有明海斜面 県の東半と南西部に広がり,近世の佐賀藩領よりやや狭い範囲を占める。…

※「唐津くんち」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

唐津くんちの関連キーワード唐津くんちの曳山行事佐賀県唐津市西城内唐津市西ノ門館佐賀県唐津市唐津(市)佐賀県くんち英伸三

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唐津くんちの関連情報