コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唯心一刀流 ユイシンイットウリュウ

デジタル大辞泉の解説

ゆいしん‐いっとうりゅう〔‐イツタウリウ〕【唯心一刀流】

江戸前期の剣術の一派。伊東一刀斎景久の門人、古藤田(こふじた)勘解由左衛門唯心により創始。古藤田流。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆいしんいっとうりゅう【唯心一刀流】

剣術の一派。江戸初期、伊藤一刀斎景久の門人、古藤田こふじた勘解由左衛門かげゆざえもん唯心が創始。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唯心一刀流
ゆいしんいっとうりゅう

近世剣術の一流派。一刀流の分かれ。伊藤一刀斎景久(いとういっとうさいかげひさ)の高弟、古藤田勘解由左衛門俊直(ことうだかげゆざえもんとしなお)の号、唯心(ゆいしん)による。俊直は相州(神奈川県)北条家の臣、初め新当流であったが、1584年(天正12)伊藤一刀斎が相州(小田原)にきたとき、試合をして敗れ、その門人になったという。以下、俊直の子仁右衛門俊重(にえもんとししげ)(卜斎(ぼくさい))、孫の弥兵衛俊定(やへいとしさだ)とよく箕裘(ききゅう)の業を継ぎ、俊定が19歳で諸国を遊歴した際、一時唯心流を称したという。のち大垣藩戸田氏に仕え、200石を領し、また剣槍(けんそう)師範役に就任して一刀流に復名したが、門人の杉浦平左衛門正景、後の三郎太夫(さぶろうだゆう)以降は、唯心一刀流を称し、笠間(かさま)、徳山(とくやま)、松代(まつしろ)、磐城(いわき)などの諸藩に伝播(でんぱ)した。[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

唯心一刀流の関連キーワード古藤田勘解由左衛門古藤田一刀流正木段之進鐘捲自斎