コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘗味噌 なめみそ

世界大百科事典 第2版の解説

なめみそ【嘗味噌】

普通の醸造みそのようにみそ汁などには用いず,そのまま飯の菜などとして食べるなめ物みその総称。径山寺(きんざんじ)みそのように初めからなめ物として醸造するものと,普通のみそに魚肉,野菜,香辛料などを加えて作ったものとがあるが,後者は配合する副材料によってさまざまなものができるので,種類が多い。《守貞漫稿》によると,江戸後期の三都に共通して見られたのは径山寺みそで,ほかに江戸では鉄火みそ,京坂には桜みそやタイみそがあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

なめみそ【嘗味噌】

調味料として用いるのではなく)そのまま副食物となるみそ。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内の嘗味噌の言及

【径山寺みそ(径山寺味噌)】より

なめみその一種。金山寺みそとも書く。…

【鉄火みそ(鉄火味噌)】より

なめみその一種。いったダイズ,刻みゴボウなどを油でいため,赤みそに砂糖,トウガラシを加えたところへ入れて練り上げたもの。…

【日本料理】より

…古くから日本人には気のきいたしゃれや軽口を秀句と呼んでかっさいする風があり,そうした秀句好きの風潮に便乗して,例えば〈従兄弟煮(いとこに)〉とか〈天竺(てんじく)みそ〉といった名をつけて供したのである。前者はアズキ,ゴボウ,サトイモ,ダイコン,豆腐,焼きグリなどをみそ煮にしたもの,後者はトウガラシで口が焼けそうななめみそである。奇妙な名なのでそのいわれを聞かれると,煮えにくいものから〈追い追い(甥(おい)おい)〉に入れていくので〈従兄弟煮〉,〈から(唐)過ぎる〉ので〈天竺みそ〉などと答えて座をにぎやかにするというものだった。…

※「嘗味噌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

嘗味噌の関連キーワード金山寺味噌径山寺味噌ペースト鉄火味噌径山寺味噌

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android