コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嚥下食 エンゲショク

2件 の用語解説(嚥下食の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えんげ‐しょく【×嚥下食】

高齢や疾患などのため嚥下障害を持つ人が飲み下しやすいように工夫した食事。適度な粘度があり、変形しながら滑らかに喉を通過しやすいもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

嚥下食

嚥下とは口の中の食べ物や水分を飲み込むこと。嚥下力が衰えると、食べ物などが気管に入り、誤嚥を起こす。軟らかく、口の中でまとまりやすい食品は、嚥下力が衰えた人でも飲み込みやすい。このような工夫を凝らした食事を嚥下食と呼ぶ。箸で切れる程度の軟らかさのものから、ゼリー状のものまで、いくつかの段階がある。 社会の高齢化に伴い、嚥下障害がある人は増えている。国立長寿医療研究センターの調査によると、老人保健施設特別養護老人ホームでは入所者の5~6割に嚥下障害がある。

(2016-02-13 朝日新聞 朝刊 広島1・2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

嚥下食の関連情報