コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嚥下障害 エンゲショウガイ

4件 の用語解説(嚥下障害の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えんげ‐しょうがい〔‐シヤウガイ〕【×嚥下障害】

病気や老化などにより、飲食物をうまく飲み込めなくなったり、誤って気管に入った物を吐き出せなくなったりする障害。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

嚥下障害

老化に伴う神経と筋肉の衰えなどから、飲食物を胃に送り込む機能が低下すること。本来は食道に運ばれる飲食物が、誤って気道に入ってしまうことを誤嚥と呼ぶ。疑われる症状の一つに「むせの有無」が挙げられる。肺炎、窒息、栄養不足、脱水症状を引き起こす恐れがある。正月などに、お年寄りがもちをつまらせて窒息死するケースも、この障害が原因の場合が少なくないとされる。

(2007-11-25 朝日新聞 朝刊 新潟全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えんげしょうがい【嚥下障害】

食物を飲み込み胃へと送り込むまでの過程の障害。低栄養や脱水症を引き起こしたり、食物が気道に入って肺炎を起こしたりすることがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嚥下障害
えんげしょうがい

狭義には、口腔(こうくう)内でそしゃくにより生成された食塊および水分を円滑に飲み込めない障害。広義には、食物を口腔内に取り込んでそしゃくして飲み込み、下咽頭(いんとう)から食道さらに胃へ送るまでの摂食嚥下運動における障害の意味で用いられる。嚥下困難あるいは摂食嚥下障害ともいう。食事中などにむせて咳(せき)込む、食物がつかえる、食物が口外へこぼれる、嚥下後に口腔内に食物が残る、固形の食物をそしゃくして飲み込めない、食後に声の変化(嗄声(させい))がおこる、食事に時間がかかるか完食できない、食物摂取量減少による体重減少がみられる、などにより、嚥下障害に気づくことが多い。高齢者や脳卒中の後遺症などで多くみられる。なお、発熱傾向が続けば誤嚥性肺炎の可能性もある。
 嚥下の過程は、食塊や水分が通過する経路および嚥下に付随する運動や反射によって、口腔期(第1期)、咽頭期(第2期)、食道期(第3期)に分けて考える。口腔期は嚥下第1期ともいい、飲み込みやすくなった食塊や水分が随意的に口腔から咽頭へ送られる過程である。この過程で、舌や口腔に炎症あるいは腫瘍(しゅよう)などによる疼痛(とうつう)や神経疾患による麻痺(まひ)などがあって、食塊の通過が妨げられると嚥下障害をきたす。咽頭期は嚥下第2期ともいい、食塊が咽頭から食道に送られる過程である。この過程で、嚥下運動により反射的に起こる口腔や鼻腔および喉頭(こうとう)腔が閉鎖される咽頭反射に支障をきたすと、気管内に異物が入り込む誤嚥が生じる。食道期は嚥下第3期ともいい、咽頭から送られてきた食塊を認識して食道入口部が開き不随意的な蠕動(ぜんどう)運動によって食道下方へと送り込まれ、ついで逆流を防ぐために食道入口部が閉鎖される過程である。この過程で食道に炎症あるいは腫瘍があったり、食道下端の狭窄(きょうさく)を生ずる食道アカラシアなどの神経疾患を伴ったりすると、食塊の通過が妨げられ嚥下障害をきたす。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嚥下障害の関連キーワード三叉神経内耳神経副神経遠心性神経集中神経系自律神経閉経老化現象等時値の法則ブロードベントの法則

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

嚥下障害の関連情報