四倍体(読み)よんばいたい(英語表記)tetraploid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四倍体
よんばいたい
tetraploid

「しばいたい」ともいう。生物の染色体数が基本数nの4倍を有する倍数体のことで,この状態を4倍性 tetraploidyという。コルヒチンなどの作用で,体細胞分裂の乱れによりできる場合と,減数分裂が行われずにできた2倍性 (複相) の配偶子の合体によってできる場合とがある。自然にも出現することがあり,突然変異により生じた有名な例としては,1895年に H.ド・フリースがオオマツヨイグサ (2n=14) から発見したオニマツヨイグサ (4n=28,基本数7の4倍) がある。これは,もとの二倍体より茎,葉,花が大きく,細胞も大きく,四倍体に通例のギガス (巨大) 型を示す。トマト,キャベツなどの人為四倍体はビタミンの含量が多く,トウモロコシではビタミンAの含量が多い。また,スイカでは二倍体から人為的に四倍体をつくり,これと二倍体とを交配して三倍体を得,種なしスイカとして育成するなど,育種と栽培に利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しばいたい【四倍体】

よんばいたい【四倍体】

基本数の四倍の染色体を有する個体。普通の植物体(二倍体)にコルヒチン処理を加えることにより得られ、一般に大形となる。四倍体しばいたい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android