四君子湯(読み)しくんしとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

しくんしとう【四君子湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)人参(にんじん)白朮(びゃくじゅつ)茯苓(ぶくりょう)甘草(かんぞう)生姜(しょうきょう)大棗(たいそう)などを含む。宋(そう)代の医学書『和剤局方(わざいきょくほう)』などに処方が示されている。慢性胃炎下痢胃もたれ嘔吐(おうと)などに用い、食欲不振、倦怠(けんたい)感、疲れやすい、手足の冷えといった症状をともなうとき、とくに有効とされる。体力の低下している人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android