四国連合艦隊下関砲撃事件(読み)しこくれんごうかんたいしものせきほうげきじけん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四国連合艦隊下関砲撃事件
しこくれんごうかんたいしものせきほうげきじけん

1864年(元治1)のアメリカ、イギリス、フランス、オランダ四か国艦隊による下関砲撃事件。下関事件、馬関(ばかん)戦争ともいう。1863年(文久3)5月10日の攘夷(じょうい)決行を期して、長州藩は、下関海峡を通過したアメリカ商船、フランス・オランダ軍艦を砲撃した。その報復のため、翌年8月に、アメリカ、イギリス、フランス、オランダの四か国艦隊は、艦船17隻、備砲288門、兵員5000人余で下関を砲撃した。藩内では、イギリス留学から急遽(きゅうきょ)帰国した伊藤俊輔(しゅんすけ)(博文(ひろぶみ))、井上聞多(もんた)(馨(かおる))が戦闘を回避すべく奔走したが功を奏さず、8月5日に戦闘が開始された。長州藩は奇兵隊や膺懲(ようちょう)隊が中心となって防戦したが、連合軍は陸戦隊を上陸させて、3日間で下関砲台のことごとくを破壊した。その後、高杉晋作(しんさく)によって和議交渉が行われ、長州藩は、外国船の馬関通行の自由、石炭・食物・薪水(しんすい)ほか外国船入用品の売り渡し、下関砲台の撤去などの条件を受け入れ、8月14日に講和が成立した。交渉では、前年の攘夷戦に対する賠償要求もなされたが、攘夷戦は幕府の命令によるものとして、その要求には応じなかった。禁門の変(蛤御門(はまぐりごもん)の変)から下関砲撃事件に至る敗北は、藩内の攘夷派に打撃を与え、保守俗論派へ政権が移っていった。

[吉本一雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

四国連合艦隊下関砲撃事件【しこくれんごうかんたいしものせきほうげきじけん】

馬関戦争

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android