コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛤御門の変 ハマグリゴモンノヘン

デジタル大辞泉の解説

はまぐりごもん‐の‐へん【蛤御門の変】

元治元年(1864)長州藩が京都に出兵し、会津・薩摩(さつま)などの藩兵と蛤御門付近で戦って敗れた事件。前年8月の政変で失った長州藩の勢力回復を図ったもの。これを機に、江戸幕府の第一次長州征伐が行われた。禁門の変。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

蛤御門の変【はまぐりごもんのへん】

禁門の変

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

防府市歴史用語集の解説

蛤御門の変

 1864年、長州藩[ちょうしゅうはん]が不利になった形勢を立て直すために京都に攻めこんだのですが、京都を守る役であった会津藩主松平容保[まつだいらかたもり]の軍に負けた事件のことを言います。禁門の変[きんもんのへん]とも言います。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

はまぐりごもんのへん【蛤御門の変】

1864年7月、前年の8月18日の政変で京都を追われた長州藩が、形勢挽回ばんかいのため京都に兵を進め、会津・薩摩藩などの兵と蛤御門付近で交戦して敗れた事件。禁門の変。 → 長州征伐

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蛤御門の変
はまぐりごもんのへん

禁門の変」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蛤御門の変
はまぐりごもんのへん

1864年(元治1)7月、京都の長州藩兵と幕府側諸藩兵との戦い。禁門(きんもん)の変ともいう。前年の八月十八日の政変で京都を追われた長州藩では、1864年、京都の公武合体派諸侯の連携が破れ、しかも池田屋事件が起こるに及んで、木戸孝允(たかよし)や高杉晋作(しんさく)らの慎重論は、来島又兵衛(くるしままたべえ)らの進発出兵論を抑えられなくなった。福原越後(えちご)、国司信濃(くにししなの)、益田右衛門介(ますだうえもんすけ)の3家老と来島又兵衛、久坂玄瑞(げんずい)、真木和泉(まきいずみ)らは藩兵と諸藩浪士軍らを率いて上京し強訴したが拒絶され、久坂らの自重論も効なく、世子の率いる本隊が到着していないにもかかわらず、7月19日、伏見(ふしみ)、蛤御門、堺(さかい)町御門で戦闘に入った。来島らは蛤御門に迫ったが、会津、桑名、薩摩(さつま)らの藩兵に敗北、来島は戦死、久坂、真木らは自刃した。この戦いで京都は2万軒余の家が焼ける大火(どんどん焼け、鉄砲焼け)となった。またこれを機に幕府は第一次長州征伐の兵を起こし、長州藩兵の将、3家老7参謀は、その後切腹あるいは斬殺(ざんさつ)に処された。[井上勝生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の蛤御門の変の言及

【禁門の変】より

…1864年(元治1)7月19日,長州藩と朝廷を固める会津藩,薩摩藩らの諸藩の間で起きた戦闘。蛤(はまぐり)御門の変ともいう。これより前,尊王攘夷を主張する長州藩は,〈文久3年(1863)8月18日の政変〉で,公武合体派の会津藩や薩摩藩らの諸藩兵により京都から追われ,朝廷の九門の一つ,禁門警備の任を免じられ,藩主が処罰された。…

※「蛤御門の変」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

蛤御門の変の関連キーワード中原猶介(なかはらなおすけ)四国連合艦隊下関砲撃事件江戸時代(年表)第一次長州征伐来島又兵衛久坂玄瑞木戸孝允徳川家茂山本覚馬石田英吉前田信輔幕末

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蛤御門の変の関連情報