馬関戦争(読み)ばかんせんそう

百科事典マイペディアの解説

馬関戦争【ばかんせんそう】

1864年英・米・仏・オランダの四国連合艦隊が下関海峡から長州藩萩藩)を攻撃し,一部は上陸して藩兵と戦い,海峡沿岸の砲台を全滅させた事件。四国連合艦隊下関砲撃事件下関事件とも。前年長州藩が攘夷決行のため海峡航行中の米・仏・オランダの船舶を砲撃したことへの報復と,長州藩や幕府の攘夷主義を粉砕するのが目的であった。長州藩内尊攘派が攘夷を捨てて開国に転ずる契機となった。
→関連項目奇兵隊尊王攘夷運動高杉晋作長州征伐倒幕運動明治維新

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばかんせんそう【馬関戦争】

1864年(元治1)8月,イギリス,フランス,アメリカ,オランダの4国連合艦隊が下関の砲台を攻撃し,攘夷派を屈服させた事件。四国艦隊下関砲撃事件ともいう。1863年(文久3)攘夷期日を5月10日とする朝命を実行すべく,長州藩は下関(馬関)海峡で外国船を砲撃した。その後8月18日の政変によって,尊攘派の中心であった長州藩が京都から追放されたが,朝廷内外の攘夷勢力はなお勢力を保っていた。また貿易も衰退し,生糸貿易は64年6月には事実上の停止状態にあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android