四月革命(読み)しがつかくめい

百科事典マイペディアの解説

四月革命【しがつかくめい】

韓国で1960年4月,李承晩政権を打倒した一連の民衆蜂起。〈四・一九学生革命〉ともいう。広範な民衆が呼応した背景には,1950年代末,米国が対韓政策を無償贈与から有償援助へ変更したことによる韓国経済の危機的状況があげられる。直接の契機は同年3月15日,大統領選挙の不正を糾弾する馬山デモで,高校生金朱烈が警察の催涙弾で死亡した事件。4月11日にその死体が発見されると馬山では第2次デモが起こり,騒乱は全国へと波及した。政権打倒をめざす2万人以上の学生と市民は4月19日大統領官邸へ押し寄せたが,戒厳軍の弾圧で全国で180名余の死者が出た(血の火曜日)。25日に全国27大学400人の大学教授団がデモを展開,李承晩は翌26日下野を声明した。その後,許政過渡政権を経て張勉政権が発足するが,1961年朴正煕らの五・一六軍事クーデタにより挫折。ここまでの1年間余りをさして〈四月革命〉と呼ぶ場合もある。
→関連項目尹【ふ】善大韓民国

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しがつかくめい【四月革命】

1960年4月に韓国で起きた学生を中心とした李承晩政権打倒の大衆蜂起。同年3月15日の大統領選挙の不正に抗議した馬山市民の蜂起後,行方不明になっていた中学生金朱烈の惨殺死体が発見されるや,抗議の声は全国に広がり,4月19日ソウルの大学のほとんどがデモに決起し,市民をもまきこみ騒乱状態になった。さらに25日には大学教授団のデモ,26日に第2次の大デモが展開されるなかで李承晩は退陣を表明した。この闘争は自然発生的であったが,李承晩退陣後の許政過渡政府,張勉政権下で進められた不正蓄財者追放などの改革に対して,より根本的な改革を求める民衆は,(1)自由と民主主義,(2)祖国の自主的平和的統一,(3)韓国経済の自立化の三つを課題とする反帝闘争へと運動を発展させようとした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しがつかくめい【四月革命】

1960年4月、韓国で起きた、学生を中心とした李承晩政権に反対する大衆運動。不正選挙に反対した学生が武装警官隊に殺害される事件に端を発し、反政府デモが全国に広がり、李承晩大統領は辞任に追い込まれた。四・一九革命。四・一九義挙。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の四月革命の言及

【大韓民国】より

…だが同年6月25日に勃発した朝鮮戦争の結果,韓国の反共体制は強化され,アメリカの軍事・経済援助の増大に支えられて李政権の専制支配体制が確立していった。しかし政権永久化のために,大統領選出方法の国会議員による間接選挙から国民による直接選挙への変更,大統領任期の3選禁止条項の撤廃等の憲法改定を強引に行ったことが,かえって民衆の不満を集積させ,経済的危機を背景としつつ60年の学生を中心とする四月革命によって李政権は崩壊した。代わって成立した第2共和国では,李独裁体制への批判から,大統領権限を大幅に縮小した責任内閣制に転換し,李政権時代の野党(民主党)を基盤とする張勉政権(尹潽善大統領)が登場したが,四月革命を生起させた民衆のエネルギーは張政権の規制を乗りこえ,民主化と統一を求める運動は空前の高揚を示した。…

※「四月革命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android