コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四条家 しじょうけ

3件 の用語解説(四条家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四条家
しじょうけ

藤原北家。平安時代末期隆季の邸が四条大宮にあって,その孫隆衡が四条家を称したのに始る。羽林家の一つで,四条流の包丁の家として料理調進を業とした。明治になって侯爵。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しじょうけ【四条家】

藤原氏北家の流れ。家格は羽林家。大納言を先途とする。贈太政大臣藤原房前の子左大臣魚名の三男美作守末茂から出て,平安時代末の中御門中納言家成の男権大納言隆季を始祖とし,以後四条家と称した。家名は隆季が四条大宮に居を構えたのにちなみ大宮家とも称した。当家は包丁道の家として有名で,料理調進の作法を伝えているが,また笙(しよう)を家業ともした。隆季の子権大納言隆房は,鎌倉時代初頭の歌人として知られている。政治史的には南北朝期,南朝にあって活躍した四条隆資・隆俊父子や,北朝に仕えた四条隆蔭は有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四条家
しじょうけ

藤原氏北家(ほっけ)の魚名流(うおなりゅう)の子孫。平安末期院政と結び付いて発展した。とくに隆季(たかすえ)は後白河上皇(ごしらかわじょうこう)に重用され、権大納言(ごんだいなごん)まで上り家格を定めた。また彼が京都四条大宮(おおみや)に構えた邸宅は子孫に譲られ、孫隆衡(たかひら)のころから家名を四条と名のった。この家から山科(やましな)、西大路、鷲尾(わしお)、櫛笥(くしげ)などの家が分出した。包丁の家として知られ、その料理法は四条流と称された。南北朝時代一族の隆資(たかすけ)は南朝に仕えて名を高めた。江戸時代の知行高は180石。幕末の隆謌(たかうた)は尊皇倒幕運動に加わり、明治維新に功をたてた。1884年(明治17)華族の爵位制度が定められると、同家は伯爵となったが、1898年隆謌が死去するまぎわに、功により侯爵に上った。[飯倉晴武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の四条家の言及

【三潴荘】より

…立荘の時期,由来は不明。平安末期には宝荘厳院(ほうしようごんいん)を本家,四条家を領家として年貢米600石,綿411両を貢進した。鎌倉初期に一時和田義盛が地頭に補任されたが,後期には一部が元寇の恩賞地として肥前の山城氏,白魚氏などに給されたため,在地領主との間に深刻な対立を生みだした。…

※「四条家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

四条家の関連キーワード飛鳥井家持明院家清華家中御門家日野家広橋家北家園家高倉家松木家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

四条家の関連情報