羽林家(読み)うりんけ

世界大百科事典 第2版の解説

うりんけ【羽林家】

摂家,清華家,大臣家につぐ公家(くげ)の家格の一つ。近衛中・少将を経て大・中納言,参議を昇りうる家。羽林とは,中国では漢代以来禁衛の称として用い,日本では近衛府の異称としたが,転じて近衛府を経て納言に至る家柄の称となった。この家格は平安時代末より漸次形成され,江戸時代にほぼ固定したが,時期により羽林家の数に出入りがある。そのおもなものをあげると,正親町・滋野井・姉小路・清水谷・河鰭(以上閑院庶流),中山・難波・飛鳥井・野宮・今城(以上花山院庶流),松木・持明院・東園・園(以上中御門庶流),四条・山科・油小路・鷲尾・櫛笥(以上四条流),水無瀬・冷泉等の藤原氏,六条・千種・久世(以上久我(こが)流)および庭田・綾小路の源氏諸家等で,幕末には40余家を数える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うりんけ【羽林家】

公卿くぎようの家格の一。近衛府の少・中将から参議、中・大納言まで昇進する家格で、大臣家に次ぐもの。飛鳥井あすかい・中山・四条・四辻・冷泉れいぜい・六条・山科などの諸家。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羽林家
うりんけ

摂家、清華家(せいがけ)、大臣家に次ぐ公家(くげ)の家格の一つ。近衛(このえ)少将、中将を経て参議、中納言(ちゅうなごん)、大納言に昇りうる家柄。羽林とは近衛府の唐名(とうみょう)であり、転じて近衛将から納言に昇る武官の家柄の称となった。平安時代から漸次形成され、江戸時代に家格として固定した。正親町(おおぎまち)、滋野井(しげのい)、清水谷(しみずだに)、小倉(おぐら)、四辻(よつつじ)、河鰭(かわばた)、阿野、橋本、梅園、中山、難波(なんば)、飛鳥井(あすかい)、松木(まつのき)(中御(なかみかど))、持明院(じみょういん)、園、冷泉(れいぜい)(上冷泉)、冷泉(下冷泉)、四条、山科(やましな)、西大路、鷲尾(わしのお)、油小路、水無瀬(みなせ)、庭田、綾小路(あやのこうじ)、六条の旧家(きゅうけ)と、旧家から分かれた約40家の新家(しんけ)があった。装束や楽道(がくどう)を家業とする家が多いのは、儀仗(ぎじょう)を任とする近衛府の職掌によるものであろう。明治の華族制度では多くが伯爵を授けられた。[平井誠二]
『下橋敬長他著『幕末の宮廷』(1979・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の羽林家の言及

【大納言】より

…定員は時代によって増減があり,権官の任命も行われた。中世以降は栄誉化し,近衛中・少将を経て大納言を最高位とする貴族の家を羽林家(うりんけ)と称した。【山本 信吉】。…

※「羽林家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android