コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

図南 トナン

デジタル大辞泉の解説

と‐なん【図南】

《「荘子」逍遥遊より。想像上の巨鳥、鵬(ほう)が遥か南方に向かって飛び立とうとする意から》南に発展しようとすること。大事業を計画すること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

となん【図南】

〔「荘子逍遥遊」による。鵬おおとりが南方に向かって翼を広げようとする意から〕
遠くの地で大事業をしようとすること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

図南の関連キーワードオーバーヘッド・プロジェクターストラスバーグ山田宗円(1)ワフタンゴフ梅沢 伊勢三11月13日泉屋博古館津田 静一長田 秋濤伊達政宗中山義秀橋本経亮菅江真澄最上徳内浅井図南小沢蘆庵宮崎筠圃帆足万里東潜夫論亀田鵬斎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

図南の関連情報