図南(読み)トナン

デジタル大辞泉の解説

と‐なん【図南】

《「荘子」逍遥遊より。想像上の巨鳥、鵬(ほう)が遥か南方に向かって飛び立とうとする意から》南に発展しようとすること。大事業を計画すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

となん【図南】

〔「荘子逍遥遊」による。鵬おおとりが南方に向かって翼を広げようとする意から〕
遠くの地で大事業をしようとすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

図南の関連情報