コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

図南 トナン

デジタル大辞泉の解説

と‐なん【図南】

《「荘子」逍遥遊より。想像上の巨鳥、鵬(ほう)が遥か南方に向かって飛び立とうとする意から》南に発展しようとすること。大事業を計画すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

となん【図南】

〔「荘子逍遥遊」による。鵬おおとりが南方に向かって翼を広げようとする意から〕
遠くの地で大事業をしようとすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図南の関連キーワードオーバーヘッド・プロジェクター山田宗円(1)ストラスバーグ11月13日ワフタンゴフ梅沢 伊勢三津田 静一泉屋博古館長田 秋濤東潜夫論柘植叔順浅井紫山亀田鵬斎中山義秀最上徳内菅江真澄小沢蘆庵井上蘭台宮崎筠圃鎌田柳泓

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

図南の関連情報