コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国判 こくはん

3件 の用語解説(国判の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国判
こくはん

奈良,平安時代の私人の間の不動産の移動などに要した証拠手続の一つ。当事者より申請のあった場合,国司が関係書類に審査を加え,その趣旨の「明白」なることを連署して証明するもので,国印を添えるのが通例である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国判
こくはん

国司(こくし)の裁許を求めて提出された牒(ちょう)や解(げ)に国司が認可する旨の文言を記したもの。国判の構成は、認可の内容(本文)、日付、位署(いしょ)(署名)、国印(こくいん)からなるが、やがて日付や国印は省略されるようになる。9世紀以前では、土地の売買の際に、郡判(ぐんばん)、国判を得る必要があり、10世紀以降では、諸院宮家、諸寺社が所領田畑の立券(りっけん)あるいは所当官物(しょとうかんもつ)、臨時雑役(ぞうやく)の免除を得るため、国判を求めた例が多い。国判の位置は、11世紀中ごろまでは牒、解の奥(左端)に、以後は裏または袖(そで)(右端)に加えた。[富田正弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の国判の言及

【証判】より

…これに対して例えば京職などは,その文書の奥に署判を加え(のちには文言を入れたものもみられる),承認の意をあらわす。これらを職判,国判,郡判という。平安中・末期ごろからは,これらの文書は直接買得,譲与,施入を受けた人にあてられるようになり,特別な場合を除いて公権力による証判はみられなくなる。…

※「国判」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国判の関連情報