国務省[ローマ教皇庁](読み)こくむしょう[ローマきょうこうちょう](英語表記)Secretariatus Status

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「国務省[ローマ教皇庁]」の解説

国務省[ローマ教皇庁]
こくむしょう[ローマきょうこうちょう]
Secretariatus Status

教皇庁の一官署。伝統的にバチカン外交を司ったが,教皇パウルス6世のもとで 1967年その権限拡大強化され,教皇庁内の最重要統轄機関となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android