コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民年金基金連合会 コクミンネンキンキキンレンゴウカイ

1件 の用語解説(国民年金基金連合会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こくみんねんきんききん‐れんごうかい〔‐レンガフクワイ〕【国民年金基金連合会】

国民年金法に基づき、平成3年(1991)に厚生大臣(現厚生労働大臣)の認可を受けて設立された法人。国民年金基金の中途脱退者(転居や転職により加入員資格を60歳前に喪失し、加入員期間が15年未満の人)などへの年金や遺族一時金の支給を共同して行う。また、将来にわたって安定した給付を確保するため、掛け金をまとめて運用し、これらに関わる事務を効率的に処理するという事業を担う。平成14年(2002)からは、個人型確定拠出年金の実施主体として、個人型年金規約の作成、加入者の資格の確認、掛け金の収納などの業務も行っている。平成28年(2016)現在、設立されているすべての基金が、連合会の会員となっている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

国民年金基金連合会の関連キーワード誘導尋問薄田宙哉公判自殺関与罪逮捕反対尋問家電リサイクル法浅田真央Flip VideoFire Phone

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国民年金基金連合会の関連情報