国立スポーツ科学センター(読み)こくりつすぽーつかがくせんたー(英語表記)Japan Institute of Sports Sciences

知恵蔵の解説

国立スポーツ科学センター

2001年4月、国際競技力向上に向け、東京都北区西が丘に設立されたスポーツ医・科学研究推進の中枢機関。研究成果を踏まえて、科学的トレーニングスポーツ障害に対する医学的支援、スポーツに関する各種情報の収集・蓄積・提供等を一体的に行う。スポーツに関する、「科学研究部」「医学研究部」「情報研究部」「運営部」の4つの部からなる。このセンターは、中央競技団体、日本オリンピック委員会等に施設を貸し出す。

(鈴木正成 早稲田大学スポーツ科学学術院特任教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

こくりつ‐スポーツかがくセンター〔‐クワガク‐〕【国立スポーツ科学センター】

独立行政法人日本スポーツ振興センターの一部門。トップレベルのスポーツ競技者・団体を支援する組織として、平成13年(2001)東京都北区西が丘に開設。スポーツ科学・医学・情報の先端的な研究のもと、最新のトレーニング施設を備え、競技団体や研究者・専門家集団と連携して、国際競技力向上の支援に取り組む。JISS(Japan Institute of Sports Sciences)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国立スポーツ科学センター
こくりつすぽーつかがくせんたー

日本のスポーツ競技者における国際競技力向上のための研究、支援業務を行う、スポーツ医学・科学・情報研究の中枢機関。英語名称はJapan Institute of Sports Sciencesで、略称JISS。所在地は東京都北区西が丘。2000年(平成12)に策定されたスポーツ振興基本計画に基づき、設立後10年間でオリンピックにおけるメダル獲得率(すべてのメダルの数に占める日本選手の獲得メダル数の割合)を3.5%に増加させることを目標に2001年4月に設置された。独立行政法人日本スポーツ振興センター(JSC)の一部門で、スポーツ科学研究部、メディカルセンター、運営部の3部体制で運営されている。各分野の研究者や医師などの専門家が連携し、トップレベルの競技者の強化、ジュニア競技者の育成、質の高い指導者養成に取り組む。国際ルールに準拠した最先端トレーニング施設であるナショナルトレーニングセンターNTC)に隣接し、JISSの風洞実験棟やハイパフォーマンスジムなどとともに多くの専用施設を同一拠点内で利用できる、高度な科学的トレーニング環境を実現している。
 JISSの中核的な事業は以下のとおりである。(1)スポーツ医学・科学支援事業 競技者の診察・検査・整形外科的チェックを行うメディカルチェック。フィットネスサポートやトレーニング指導、動作やゲームの分析、映像や情報技術によるサポート。(2)スポーツ医学・科学研究事業 競技種目に特化した競技力向上につながる研究や独自性の高い基盤研究。(3)スポーツ診療事業 内科、整形外科、歯科、眼科、皮膚科、耳鼻科、婦人科の診療、競技復帰を目的とするアスレティック・リハビリテーション、心理カウンセリング、栄養相談など。
 2014年の冬季オリンピック・ソチ大会(ロシア)においては、JISSの専門的診療や低酸素トレーニングをはじめ、現地での支援拠点活動などが、海外開催の冬季オリンピックで過去最多の8個のメダル獲得につながったと評価された。また、2010年8月に文部科学省によって策定された「スポーツ立国戦略」においては、JISSの国際競技力向上、生涯スポーツ、産学連携、国際戦略などの機能のさらなる強化を図るとして、これまで培ってきたスポーツ医学・科学の研究成果をスポーツ障害防止や日常的なスポーツ活動に還元する方策を検討することが盛り込まれた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国立スポーツ科学センターの関連情報