コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国立作業場 こくりつさぎょうじょうAtelier national

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国立作業場
こくりつさぎょうじょう
Atelier national

1848年フランスの第二共和政の臨時政府によってパリに設立された作業場。小市民的社会主義者 L.ブランが主宰するリュクサンブール委員会の監督下にあった。しかし,これは失業対策のための土木工事を行うものにすぎなかったので,社会改革の要求は満たされず,一方,小土地所有者たる農民は次第に社会主義的方向に反感をいだきはじめ,こうした反動に直面したパリの労働者は 48年6月 23日から 26日にかけて蜂起 (→六月事件 ) したが,L.カベニャック将軍によって鎮圧された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

国立作業場【こくりつさぎょうじょう】

アトリエ・ナシヨノー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

国立作業場の関連キーワード憲法制定議会六月蜂起

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android