コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国立作業場 こくりつさぎょうじょう Atelier national

2件 の用語解説(国立作業場の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国立作業場
こくりつさぎょうじょう
Atelier national

1848年フランス第二共和政臨時政府によってパリに設立された作業場。小市民的社会主義者 L.ブランが主宰するリュクサンブール委員会の監督下にあった。しかし,これは失業対策のための土木工事を行うものにすぎなかったので,社会改革の要求は満たされず,一方,小土地所有者たる農民は次第に社会主義的方向に反感をいだきはじめ,こうした反動に直面したパリの労働者は 48年6月 23日から 26日にかけて蜂起 (→六月事件 ) したが,L.カベニャック将軍によって鎮圧された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国立作業場の関連キーワード第三共和政第二共和政第二帝政フランス共同体第一共和制第三共和制第二共和制臨時政府シャルル・ド・ゴールフランス共和国臨時政府

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone