国際人権法(読み)こくさいじんけんほう(英語表記)international human rights law

  • こくさいじんけんほう〔ジンケンハフ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人権を国際的に保障するための法規総称。いかなる国においても保護されるべき人権の種類や内容を定め,さらに国際機関によってその人権保障の実施を確保する措置がとられるようにするための条約が結ばれている。第2次世界大戦以前にも奴隷売買禁止条約や亡命者・難民保護条約,アヘン・麻薬禁止条約などがあったが,アウシュウィッツ (→オシフィエンチム ) をはじめとする多くの悲劇を体験した戦後は,国際連合のイニシアチブのもとで数々の条約が締結された。国連憲章前文で基本的人権に関する信念を再確認するとともに,人権委員会を設置して世界人権宣言国際人権規約を成立させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際人権法の関連情報