コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際成人力調査 こくさいせいじんりょくちょうさProgramme for the International Assessment of Adult Competencies

知恵蔵miniの解説

国際成人力調査

社会生活で求められる成人の能力を測定する、経済協力開発機構(OECD)の国際的な調査。英語の頭文字を取って「PIAAC(ピアック)」と略される。先進国の成人の社会適応能力を把握し、各国の人材育成政策に役立てることを目的に、OECDが2011年から12年にかけて初めて調査を実施、13年に結果を公表した。調査は、OECD加盟国を中心とした24カ国・地域の16~65歳の成人約15万7千人を対象とし、「読解力」「数的思考力」「ITを活用した問題解決力」の三つの能力を見る問題が出題された。日本は「読解力」と「数的思考力」は1位だったが、「ITを活用した問題解決力」は10位で、ITの習熟度に課題を残した。

(2013-10-11)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国際成人力調査

OECD加盟22カ国・地域と非加盟2カ国で無作為抽出された16~65歳の計約15万7千人が参加し、日本では5173人が回答。読解力、数的思考力、ITを活用した問題解決能力の3分野からなる。同じくOECDが実施する15歳が対象の国際学習到達度調査(PISA)とは活用力をみる点などが共通しており、「大人版PISA」とも呼ばれる。PISAで上位に入ることが多いシンガポールや香港は参加していない。

(2013-10-10 朝日新聞 朝刊 教育1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐せいじんりょくちょうさ〔‐セイジンリヨクテウサ〕【国際成人力調査】

OECD(経済協力開発機構)が実施する国際比較調査の一つ。社会生活で成人に求められる能力を測定し、年齢・学歴・職業等との関連を調べる。2013年に初めて実施され、24の国と地域が参加した。PIAAC(ピアック)(Programme for the International Assessment of Adult Competencies)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

人事労務用語辞典の解説

「国際成人力調査」とは、経済協力開発機構(OECD)が実施する国際調査の一つで、OECD加盟国など先進24ヵ国・地域の16歳から65歳を対象に、社会生活において成人に求められる能力を測定するものです。英語名のProgramme for the International Assessment of Adult Competenciesの頭文字を取り、PIAAC(ピアック)と略されます。2011年から12年にかけて初めての調査が行われ、13年10月に結果が発表されました。「読解力」と「数的思考力」の二つの分野で日本が1位になったことから、日本人全般のスキルの高さを示すデータとして注目されています。(2013/11/11掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際成人力調査
こくさいせいじんりょくちょうさ
Programme for the International Assessment of Adult Competencies

仕事や日常生活において必要とされる技能や技術の習熟度について、各国の成人を対象にして経済協力開発機構(OECD)が実施した国際比較調査。略称PIAAC(ピアック)。経済のグローバル化や知識基盤社会への世界的な移行にともない、各国の成人がもつ能力の現状や教育訓練制度の効果を把握することで、将来的な学校教育や職業訓練など施政上の方針の参考とすることを目的としている。2011~2012年に、OECD加盟国を中心とした世界24か国・地域で、無作為に抽出された16~65歳の男女約15万7000人を対象に実施され、2013年10月に結果が公表された。日本での調査は、国立教育政策研究所により5173人に対して行われた。
 調査は三つの分野で、その内容と試された具体的なスキルは以下のとおりである。(1)読解力(文章を理解し、目標の達成に生かす能力)ホテルなどにある電話のかけ方の説明を読んで指定された相手に電話をする、図書館の蔵書検索システムを使って指定された条件に合う本を選ぶ、など。(2)数的思考力(数学的情報を計算し、その利用や解釈の方法を応用する能力)食品の成分表示を見て、その食品の一日の許容摂取量を答える、商品の生産量に関する表を見てグラフを作成する、など。(3)ITを活用した問題解決能力(パソコンやコミュニケーションツールなどを活用して問題を解決する能力)指定された条件を満たす商品をインターネットで購入する、表計算ソフトで作成された名簿を用いて条件を満たす人のリストを作成し、メールで送信する、など。
 日本は読解力と数的思考力の2分野の平均得点で参加国中1位となり、ITを活用した問題解決能力はほぼ平均値に近い10位であった。フィンランド、オランダ、スウェーデンが3分野を通じて好成績を上げた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android