園遊会(マンスフィールドの短編小説集)(読み)えんゆうかい(英語表記)The Garden Party and Other Stories

  • マンスフィールドの短編小説集
  • 園遊会

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリスの女流作家K・マンスフィールドの短編小説集。1922年刊。表題の短編『園遊会』は、裕福な家庭の無垢(むく)の少女が、明るく楽しい園遊会の日に、初めて「死」と、貧しい人々の存在に直面する心理を巧みに描き出している。ほかにも、人間の孤独をテーマにした『ブリル女史』『見知らぬ者』、ニュージーランドの幼い日の思い出を材料にした『湾の一日』など、マンスフィールドの円熟期の傑作15編を収めている。作者の繊細な感受性と、人生を見つめる澄みきった目が印象的である。

[小松原茂雄]

『崎山正毅・伊沢龍雄訳『幸福・園遊会』(岩波文庫)』『安藤一郎訳『マンスフィールド短編集』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android