土佐山(読み)とさやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土佐山
とさやま

高知県中部,高知市北部の旧村域。 1889年村制。 2005年高知市に編入鏡川の源流域に開ける。山林大部分を占め,用材のほか,古くから薪炭,茶,タケノコ産地として知られた。南は北山県立自然公園に,北は工石山陣ヶ森県立自然公園に属する。東部菖蒲には鍾乳洞がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土佐山
とさやま

高知県中央部、土佐郡にあった旧村名(土佐山村(むら))。現在は、高知(こうち)市北東部を占める一地域。2005年(平成17)、鏡(かがみ)村とともに高知市に編入。旧村域は、鏡川の源流域にあたる山間地帯で、近郊山村的性格が強い。狭小な河岸段丘を除けば平坦(へいたん)地に乏しい。林業への依存度が高く、用材のほかタケノコ、ユズ、ショウガなどを産する。北部の工石(くいし)山(1177メートル)にはヒメシャラ、ブナ、ヒノキやアケボノツツジ、シャクナゲ、アセビが自生し、工石山陣ヶ森県立自然公園区域となっている。[正木久仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土佐山の関連情報