コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏡川(読み)カガミガワ

世界大百科事典 第2版の解説

かがみがわ【鏡川】

高知県中部,土佐山村の工石山に源を発し,高知市で浦戸湾に注ぐ川。幹川流路延長31.5km。全流域面積171.5km2。中流には河岸段丘が発達し,1966年には都市用水供給と発電を目的とする鏡ダムが建設された。下流では江ノ口川を分けて三角州を形成し,高知市西部での製紙・製糸業立地の背景をなすとともに,高知の城下町時代には外堀の役割も果たした。洪水災害も多かったため,河川改修が進められた。【正木 久仁】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かがみがわ【鏡川】

四国山地、高知県の工石山くいしやまに発し、高知市内を流れ、浦戸湾に注ぐ川。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鏡川
かがみがわ

高知県中央部を南東流する川。延長31キロメートル。高知市北部の山間地に位置する工石(くいし)山に源を発して南流し、同市西部で向きを東に変え、中心市街地を東流して浦戸湾に注ぐ。中流域では小規模な河岸段丘を発達させ、鏡ダムは都市用水を供給する。高知市街地西部では小規模な扇状地を形成し、伏流水は明治時代に製紙、製糸業の立地条件をなした。下流部は高知城下町の外堀をなし、潮江(うしおえ)川ともよばれた。釣り、水泳にと高知市民に親しまれてきたが、一方では洪水災害ももたらした。近年、河川改修工事により河川敷の一部は都市緑地となった。[正木久仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鏡川の関連情報