コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬戸際 セトギワ

デジタル大辞泉の解説

せと‐ぎわ〔‐ぎは〕【瀬戸際】

狭い海峡と外海の境。
勝負・成否などの分かれ目。「生きるか死ぬかの瀬戸際

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せとぎわ【瀬戸際】

〔海から瀬戸にさしかかる境目の意〕
物事の成功・失敗の分かれ目。また、安危の分かれ目。 「 -に立つ」 「人生の浮沈の-」 「 -政策」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

瀬戸際の関連キーワードキューバ危機(the Cuban missile crisis)ダレス(John Foster Dulles)ジョン・トーマス マッキンタイヤー金正日(キム・ジョンイル)体制ダンロップ・ホールディングス部分的核実験禁止条約死生の間をさまようおもな四字熟語日独伊三国同盟ファショダ事件キューバ危機封じ込め政策イラク新政府一期の浮沈瀬戸際外交瀬戸際政策福田 豊土ウルグアイチャーチル巻返し政策

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瀬戸際の関連情報