間近(読み)まぢかい

精選版 日本国語大辞典「間近」の解説

ま‐ぢか・い【間近】

〘形口〙 まぢか・し 〘形ク〙 (古くは「まちかし」)
① 空的に、間隔が少ない。近い。
※万葉(8C後)一四・三五二四「まをの節(ふ)の末知可久(マチカク)て逢はなへば沖つま鴨の嘆きそ吾(あ)がする」
※源氏(1001‐14頃)常夏「葦垣のまちかき程にはさぶらひながら」
② 時間的に間隔が少ない。
(イ) 過去との間が近い。近頃である。最近である。
※大鏡(12C前)昔物語「まぢかき御簾・すだれの内ばかりや、おぼつかなさのこりて侍覧」
(ロ) 未来との間が近い。近い将来である。近い。
オリンポスの果実(1940)〈田中英光〉一「あなたも、たしか、三十に間近い筈だ」
まぢか‐さ
〘名〙

あい‐ぢか あひ‥【間近】

〘形動〙 接近して間の近いさま。まぢか。
※太平記(14C後)二九「相近になれば、阿保と秋山と、にっこと打笑ふて、弓手に懸違へ馬手に開き合て」

ま‐ぢか【間近】

〘形動〙 まぢかいさま。すぐ近くであるさま。
※名語記(1275)八「まぢか如何、答目近也、但あしかきのまちかしといへる間近の義也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「間近」の解説

ま‐ぢか【間近】

[名・形動]間近いこと。また、そのさま。「駅に間近な住居」「正月が間近に迫る」
[類語]手近い程近い近い間近いじきすぐ至近近く目前鼻先手が届く指呼しこ咫尺しせき目睫もくしょうかん目と鼻の先身近手近卑近身辺そばかたわわき片方かたえ手もと付近近辺近傍近所最寄り足元座右左右手回り身の回り・ついそこ・手近卑近身辺かたわわき片方かたえ手もと近く付近近辺近傍近所最寄り足元座右左右手回り身の回り鼻先手が届く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android