コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土地調整委員会 とちちょうせいいいんかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土地調整委員会
とちちょうせいいいんかい

土地利用について,鉱業採石業砂利採取業と一般公益または農業,林業その他の産業との調整をはかるために,総理府外局として設置された行政委員会。「土地調整委員会設置法」 (昭和 25年法律 292号) がその設置,組織,権限などを定めた。 1972年に中央公害審査委員会と統合されて公害等調整委員会となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

土地調整委員会【とちちょうせいいいんかい】

鉱業・採石業・砂利採取業と一般公益または農林業などとの調整を図るために,1950年設置された総理府の外局。鉱区禁止地域の指定,鉱業権・採石権の設定に関する異議裁定,鉱業・採石業のための土地の使用・収用・利用に関する異議の裁定などを行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

土地調整委員会の関連キーワード公用収用

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android