コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土居清良 どいせいりょう

3件 の用語解説(土居清良の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土居清良
どいせいりょう

[生]天文15(1546)
[没]寛永6(1629)
戦国時代,伊予国宇和郡三間城主。紀伊国牟婁 (むろ) 郡土居の鈴木氏を祖とし,西園寺に仕えた。軍記『清良記』に合戦記,軍談などが綴られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土居清良 どい-きよよし

1546-1629 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)15年生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)大森城主。同国宇和郡の領主西園寺公広(きんひろ)につかえ,豊後(ぶんご)の大友氏,土佐の一条氏,長宗我部氏らの伊予侵攻をふせぐ。天正(てんしょう)15年戸田勝隆の入国により隠棲(いんせい)した。一代記「清良(せいりょう)記」の第7巻「親民鑑月集」は日本最古の農書とされる。寛永6年3月24日死去。84歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

土居清良

没年:寛永6.3.24(1629.5.16)
生年:天文15(1546)
戦国から江戸時代初期にかけての伊予国(愛媛県)の小領主。清貞の子。「せいりょう」ともいう。宇和郡大森城(北宇和郡三間町)を本拠とする。西園寺公広に仕え,長宗我部元親の侵略を防ぐうえで功績があった。天正15(1587)年,戸田勝隆が新たに宇和郡の領主となるにおよび,下城し隠棲。その生涯を記した軍記物語『清良記』(全30巻,あるいは32巻)は,戦国末期の小領主の姿をよく伝えている。また同書第7巻は特に『親民鑑月集』と呼ばれ,日本最古の農書とされるが,著者(土居水也か),成立年代には諸説がある。従ってその内容が必ずしも清良の生きた時代のものとはいえないまでも,戦国末から近世への移行期の農業の諸相を伝える史料としては貴重である。死後,村民の手により清良神社が建てられ,今なお篤く敬われている。

(山内譲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の土居清良の言及

【清良記】より

…戦国末期,伊予国宇和島地方の土豪土居清良(1546‐1629)の一代記。30巻。…

※「土居清良」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

土居清良の関連キーワード足利義晴表千家黒田官兵衛孝高(よしたか)足利義輝ウルガタ黒田孝高国泰寺千少庵千道安武田勝頼

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土居清良の関連情報