コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土岐氏の乱 ときうじのらん

2件 の用語解説(土岐氏の乱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土岐氏の乱
ときうじのらん

元中7=明徳1 (1390) 年,将軍足利義満によって土岐康行が滅ぼされた事件。室町幕府創業の元老として勢力のあった土岐頼康が,元中4=嘉慶1 (87) 年 70歳で死んだ。この機を利用して土岐氏打倒を企てた義満は,頼康所帯の守護職3ヵ国のうち,惣領を継いだ頼康養子康行には美濃,伊勢の継承を許し,尾張を康行の弟満貞に与え,康行を挑発した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ときしのらん【土岐氏の乱】

1389‐90年(元中6∥康応1‐元中7∥明徳1)将軍足利義満が土岐氏の内紛に介入して土岐氏の勢力を削減させた乱。美濃の乱ともいう。明徳の乱(1391),応永の乱(1399)などと同じく,将軍専制権力の確立を目ざした足利氏による大守護抑圧策の一つである。土岐氏は美濃国土岐郡土岐郷を本貫とする清和源氏の一流。頼貞が足利尊氏に従って以来,足利方として南北朝内乱に戦功があり,孫頼康は美濃のほか尾張・伊勢の守護職も兼ねた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土岐氏の乱の関連キーワード妙満寺元中康応山形県天童市山元中孝尋佐竹義宣(1)中院通淳山科教言祐高四辻季保

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone