コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土方定一 ヒジカタテイイチ

5件 の用語解説(土方定一の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひじかた‐ていいち〔ひぢかた‐〕【土方定一】

[1904~1980]美術史家・美術評論家。岐阜の生まれ。神奈川県立近代美術館館長。ドイツネーデルラント美術や、近・現代の日本美術を研究。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土方定一 ひじかた-ていいち

1904-1980 昭和時代の美術史家,美術評論家。
明治37年12月25日生まれ。はじめは日本近代文学を研究,のち美術批評に転じた。昭和40年神奈川県立近代美術館長。48年菊池寛賞。昭和55年12月23日死去。75歳。岐阜県出身。東京帝大卒。著作に「近代日本洋画史」「ドイツ・ルネサンスの画家たち」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ひじかたていいち【土方定一】

1904‐80(明治37‐昭和55)
文芸・美術評論家。大垣生れ。旧制水戸高校と東大美術科時代,文学・演劇運動をとおしてアナーキズムに近づき,30年東大を卒業後ドイツに留学したが,結核で翌年帰国。明治文学談話会,興亜院嘱託を経て,42年周作人がいた北京の華北総合調査研究所に赴任したが,敗戦で中国彫刻の写真と抗日版画の収集を失い帰国。戦後のリアリズム論争では,戦争画の主題主義と職人芸のため荒廃した感性の回復が先決と主張した。51年新設の神奈川県立近代美術館副館長,65年同館長,69年全国美術館会議会長となり,すぐれた企画展と宇部,神戸の野外彫刻展や高村光太郎賞,中原悌二郎賞などの創設と審査に力を入れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひじかたていいち【土方定一】

1904~1980) 美術評論家。岐阜県生まれ。東大卒。神奈川県立美術館館長。著「近代日本洋画史」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土方定一
ひじかたていいち
(1904―1980)

美術史家、美術評論家。岐阜県大垣生まれ。1930年(昭和5)東京帝国大学文学部美学美術史学科を卒業し、31~32年ドイツに遊学。旧制水戸高校在学中に、舟橋聖一らと文芸同人誌『彼等自身』を創刊するなど、初めは日本近代文学を研究、『近代日本文学評論史』(1936)を著したが、のち美術研究に転じ、ドイツ、ネーデルラント、近代以降の日本美術を研究。68年(昭和43)『ドイツ・ルネサンスの画家』で芸術選奨文部大臣賞を受賞した。65年から神奈川県立近代美術館館長を務め、展覧会活動の業績で菊池寛賞受賞(1973)、78年には毎日芸術賞を受けた。鎌倉に没。[永井信一]
『『土方定一著作集』全12巻(1976~78・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土方定一の関連キーワード中村渓男評論評論家江川和彦関如来宗左近富永惣一林田春潮林文雄日野耕之祐

土方定一の関連情報