コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田伝 わだでん

5件 の用語解説(和田伝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和田伝
わだでん

[生]1900.1.17. 神奈川,南毛利
[没]1985.10.12. 神奈川,川崎
小説家。 1923年早稲田大学仏文科卒業。同年『山の奥へ』を書き恩師吉江喬松 (たかまつ) らの農民文芸会に参加。帰郷後『村の次男』 (1934) ,『一町三反』 (34) で認められた。以後創作集『平野の人々』 (36) ,長編『沃土』 (37) などに農村の諸相を描き,農民文学第一人者と目されるにいたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田伝 わだ-でん

1900-1985 昭和時代の小説家。
明治33年1月17日生まれ。吉江喬松(たかまつ)に師事。昭和12年刊の長編「沃土(よくど)」で第1回新潮社文芸賞。同年農民文学懇話会初代幹事長。29年日本農民文学会初代会長となる。昭和60年10月12日死去。85歳。神奈川県出身。早大卒。本名は伝(つとう)。作品はほかに「鰯(いわし)雲」「門と倉」など。

和田伝 わだ-つとう

わだ-でん

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

わだでん【和田伝】

1900~1985) 小説家。神奈川県生まれ。早大卒。農民文学作家として、農民の土地への執着、農村の変化などを描く。「沃土」「門と倉」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和田伝
わだでん
(1900―1985)

小説家。本名伝(つとう)。地主の長男として神奈川県に生まれる。県立厚木中学校から早稲田(わせだ)大学高等予科に入り、1923年(大正12)文学部仏文科を卒業。その年、処女作『山の奥へ』を発表、また『早稲田文学』編集に携わる。大正末から昭和初年にかけ、旧師吉江喬松(よしえたかまつ)らによる農民文芸会に参加。32年(昭和7)相模野(さがみの)の生家に帰り、『村の次男』(1934)あたりから本格的な作家生活に入る。第一創作集『平野の人々』(1936)に続く『沃土(よくど)』(1937)で第1回新潮社文芸賞を受賞。38年、農民文学懇話会が結成されると幹事長につくなど、戦争下にも日の当たる場所にいたが、作風は一貫して堅実さを示した。54年、伊藤永之介(えいのすけ)らと日本農民文学会をおこして初代会長となり、機関誌『農民』を発刊した。『日本農人伝』(1951~54)、『鰯雲(いわしぐも)』(1957)、『風の道』(1961)、『門と倉』(1972~74)などがある。[高橋春雄]
『『和田伝全集』全10巻(1978~79・家の光協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和田伝の関連キーワード神奈川県横浜市神奈川区入江神奈川県横浜市神奈川区大野町神奈川県横浜市神奈川区神奈川神奈川県横浜市神奈川区神奈川本町神奈川県横浜市神奈川区新町神奈川県横浜市神奈川区台町神奈川県横浜市神奈川区高島台神奈川県横浜市神奈川区宝町神奈川県横浜市神奈川区西神奈川神奈川県横浜市神奈川区東神奈川

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

和田伝の関連情報