コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地獄図 じごくず

2件 の用語解説(地獄図の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地獄図
じごくず

死後,地獄において過酷な刑罰を受ける光景を描いたもの。地獄変,地獄変相図ともいう。インドでは遺品は少いが,アジャンタ 17号窟に例がある。中央アジアではキジルベゼクリクなどの壁画に,敦煌では壁画や出土した『十王経図巻』などにみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の地獄図の言及

【六道】より

…中央に大きく〈心〉の字を置き,そのまわりの円を10区に画して六道と四聖を描いたものである。六道絵でも十界図でももっとも大きなスペースを取るのは地獄図であり,地獄変相図の観を呈する。しかし,日本では死後の世界を六道とするところから,墓地を六道原というところがあり,京都東山の鳥辺野葬場の入口も六道の辻という。…

※「地獄図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地獄図の関連情報