地獄谷石窟仏(読み)じごくだにせっくつぶつ

国指定史跡ガイドの解説

じごくだにせっくつぶつ【地獄谷石窟仏】


奈良県奈良市高畑町にある石仏。史跡春日山石窟仏の東南数百mの国有林内にあり、西南に面した凝灰岩質の岩壁を刳()り抜いて線刻されている。1924年(大正13)に国の史跡に指定された。開口3.9m、奥行き2.9m、高さ2.4m、奥壁と両側の壁に6体の仏像が線刻されており、俗に「聖人窟」と呼ばれている。奥壁は高さ1.7m、中央に高さ1.7m、幅1.12mの枠取りがなされ、2重の蓮華座に結跏趺坐(けっかふざ)する如来像が線刻されている。量感豊かな体部と鋭い線を刻んだ気品の高い作風を示しており、全体に色彩が施されていたようで、金箔の痕跡も認められた。如来像の向かって左側に二重円光背の薬師如来像、右脇には十一面観音立像が線刻され、付近には芳山(ほやま)の二尊仏をはじめ、奈良・鎌倉・室町時代の石仏が数多く存在している。近畿日本鉄道奈良線近鉄奈良駅から奈良交通バス「破石町」下車、徒歩約50分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android