コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地線 ちせんground‐wire

1件 の用語解説(地線の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちせん【地線 ground‐wire】

接地をした金属線でおもに送電線の雷防護に用いられる。送電用導体の上部に張って導体を雷の直撃から守る架空地線と,架空地線に落ちた雷の電流を安全に大地へ流すため鉄塔の脚部に埋める埋設地線がある。埋設地線で隣接する二つの鉄塔脚を結んだものを連設地線という。架空地線によって導体直撃が防止されても,雷撃電流が大きい場合には鉄塔の電位が上昇して逆フラッシオーバー(フラッシオーバー)が生ずる可能性もある。架空地線は通常1~3条が用いられるが,条数が多いと直撃雷を防ぐ範囲が広がるほかに鉄塔電位上昇を押さえる効果もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地線の関連情報