避雷(読み)ひらい

精選版 日本国語大辞典「避雷」の解説

ひ‐らい【避雷】

〘名〙 落雷を避けること。かみなりよけ。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉四「避の法を発明したるの後」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「避雷」の解説

ひらい【避雷 protection against lightning】

雷による種々な災害を避ける方法。雷撃による死亡者数をみると,日本では年間数十名程度で他の自然災害に比べて多くはないが,電力系統に発生する事故では雷によるものがもっとも多く,火災や航空機の事故,雷放電による電波雑音障害まで考えると非常に広い範囲に及んでいる。
[避雷の心得]
 雷雲が近づいてきたら安全な場所に避難すること。避雷針を備えた建物の中や駐車場や道わきに止めた車の中は安全である。車の運転中雷に出会ったらすみやかに道路わきに止めること。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「避雷」の解説

【避雷】ひらい

かみなりを避ける。〔盛弘之州記〕湖陽縣は春秋(れう)國なり。樊重(はんちよう)の邑なり。重の母、雷を畏る。石室を爲(つく)りて之れをく。~今ほ存す。

字通「避」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android