コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

避雷 ヒライ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐らい【避雷】

を避けること。かみなりよけ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひらい【避雷 protection against lightning】

雷による種々な災害を避ける方法。雷撃による死亡者数をみると,日本では年間数十名程度で他の自然災害に比べて多くはないが,電力系統に発生する事故では雷によるものがもっとも多く,火災航空機の事故,雷放電による電波雑音障害まで考えると非常に広い範囲に及んでいる。
[避雷の心得
 雷雲が近づいてきたら安全な場所に避難すること。避雷針を備えた建物の中や駐車場や道わきに止めた車の中は安全である。車の運転中雷に出会ったらすみやかに道路わきに止めること。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひらい【避雷】

落雷による被害を避けること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

避雷の関連キーワードフランクリン(Benjamin Franklin)チャールズ・プロテウス シュタインメッツ賴・來・来・磊・礼・雷・頼バリスター(抵抗体)エム・システム技研セント・エルモの火大阪避雷針工業スタインメッツ直撃雷サージアースワークフランクリン逆流雷サージ音羽電機工業大気電気学一色 貞三旧中込学校異常電圧天気俚諺風力発電グリモー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

避雷の関連情報