コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

均田制度 きんでんせいど

百科事典マイペディアの解説

均田制度【きんでんせいど】

江戸時代,地主による土地所有の進行を抑制し,百姓の土地所有を維持するために,土地を再配分して均等に所持させようとした政策。均田政策ともいう。1664年に対馬藩で実施されたが,天保改革(てんぽうかいかく)の際の1842年から肥前佐賀藩でもっとも大々的に行われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんでんせいど【均田制度】

江戸時代の土地政策。均田とは土地を平等に分けて均等にすることであり,〈おのれ田なくて,豪民の田をかりて田つくる……民みなおのが田をつくりて,年貢をひとかたに出すやうにぞあらまほしき,それは均田の法にまさることあらじとぞ思ふ〉(中井履軒《均田茅議》)と地主的土地保持の改革は近代以前にも思考された。均田政策とよばれるものは1664年(寛文4)対馬藩の寛文改革にもあるが,大々的に地主の土地処分と分給を行ったのは佐賀藩である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

均田制度の関連キーワード租庸調・雑徭寛政改革江戸時代鍋島直正均田法加地子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android