コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坊ガツル(読み)ボウガツル

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐が‐つる〔バウ‐〕【坊ガツル】

大分県南西部、竹田市にある湿原。九重(くじゅう)火山群の主峰・久住山大船(たいせん)山の間の山岳地域(標高1000~1270メートル)の小盆地床に形成されている。国内最大級の中間湿原(面積0.53平方キロメートル)。阿蘇(あそ)くじゅう国立公園特別保護地区・同特別地域に含まれる。平成17年(2005)、タデ原湿原とともにラムサール条約に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

坊ガツル【ぼうガツル】

大分県竹田市,くじゅう連山内にある小盆地。東に大船山,西に三俣山や中岳がそびえ,南西部には法華院温泉(硫化水素泉)が湧く。一部はもともと池だったとされ,現在でも水気が多く平坦地の多くは湿地が広がる開放的な景観をなす。西側の山塊裏側に位置するタデ原湿原とともに2005年11月,ラムサール条約登録湿地となる。やまなみハイウェイが通じる長者原(くじゅう登山口バス停)から徒歩約2時間。
→関連項目阿蘇くじゅう国立公園九重[町]竹田[市]ラムサール条約

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうがつる【坊ガツル】

大分県竹田市久住くじゆう町北部の盆地。海抜1200メートルに位置し、湿原が広がる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坊ガツル
ぼうがつる

大分県南西部、竹田市北部にある小盆地。九重(くじゅう)火山群のうち、久住(くじゅう)山、大船(たいせん)山、平治(ひいじ)岳、三俣(みまた)山などに囲まれ、盆地底の標高1250~1200メートル、東西0.5キロメートル、南北1.5キロメートル。かつて一部湖水であったと考えられ、平治岳と三俣山の間から水を排出している。湖水の名残(なごり)としての湿原は九州の尾瀬(おぜ)沼といわれるほど湿原植物が育ち、泥炭が形成されている。南西部斜面に法華院(ほっけいん)温泉がある。なお、坊ガツルは「くじゅう坊ガツル・タデ原湿原」として2005年(平成17)に、ラムサール条約登録湿地となった。[兼子俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android