コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坪井玄道 つぼいげんどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坪井玄道
つぼいげんどう

[生]嘉永5(1852).1.9.
[没]1922.12.11.
教育者。慶応2 (1866) 年開成所で英学を修め,明治4 (71) 年南校少得業生,1875年宮城英語学校教諭,77年仙台中学校教員。 78年体操伝習所で G.リーランドの通訳,のちに同所の教師となる。 86年高等師範学校助教諭,90年同校教授兼女子高等師範学校教授。 1901年イギリス,フランス,ドイツ,アメリカ諸国に留学,体操の研究に従事。兵式体操が強調されるなど国家主義的傾向が強まった体操界にあって,合理主義的軽体操 (普通体操) と自然主義的遊戯を併合した体育論を主唱した。また学校において体操を必修にすべきことを唱導学校体育の基礎を固めた。主著『改正普通体操法』 (1903) ,『小学校体操提要』 (06,共著) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坪井玄道 つぼい-げんどう

1852-1922 明治-大正時代の教育者。
嘉永(かえい)5年1月9日生まれ。体操伝習所の教師をへて明治23年高等師範教授となる。34年からヨーロッパに留学。体操を普及させ,卓球やテニスを紹介した。大正11年11月2日死去。71歳。下総(しもうさ)葛飾郡(千葉県)出身。名は「かねみち」ともよむ。著作に「小学普通体操法」「戸外遊戯法」(ともに共著)など。

坪井玄道 つぼい-かねみち

つぼい-げんどう

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

坪井玄道

没年:大正11.11.2(1922)
生年:嘉永5.1.9(1852.1.29)
明治大正期の体育家。下総国葛飾郡鬼越村(千葉県市川市)の農家の次男。14歳で医学を志して江戸へ出,洋学所で英語を学ぶ。明治5(1872)年,東京に師範学校が設立されたとき,教授法を講義した米国人スコットの通訳を務めた。8年仙台英語学校の教師に転じ,11年体操伝習所が設立されると,米国人リーランドの通訳となった。その後自ら体操教師となり,普通体操の普及,戸外遊戯の紹介および体育教員の養成に努めた。19年体操伝習所廃止後は高等師範学校のほか高等女子師範学校および東京女子体操音楽学校の教員を歴任するなど,女子体育の発展にも尽くした。主著には田中盛業との共著『小学普通体操法』(1884),『戸外遊戯法 一名戸外運動法』(1885),可児徳との共著『小学校女子行進運動』(1911)がある。<参考文献>『近代体育文献集成 第Ⅰ期別冊解説編』

(大熊廣明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つぼいげんどう【坪井玄道】

1852‐1922(嘉永5‐大正11)
学校体育の発展に貢献した教育者。千葉県出身。若くして医学を志し,江戸に出て英語を学ぶ。1871年(明治4)大学得業生となり,翌72年文部省出仕に任ぜられ師範学校係として,同年東京師範学校創設に際してアメリカから招かれたM.M.スコットの通訳を担当した。78年に創設された体操伝習所の教師となり,アメリカの医師リーランドGeorge A.Leland(1850‐1924)の通訳を兼ねながら,彼の紹介した軽体操を〈普通体操〉と呼んで,その普及に努めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

つぼいげんどう【坪井玄道】

1852~1922) 教育者。下総の人。東京高等師範教授。米人教師の伝えた軽体操を「普通体操」と称して紹介・普及につとめるなど、学校体育の発展に貢献。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坪井玄道
つぼいかねみち
(1852―1922)

普通体操の推進者。下総(しもうさ)国中山村(千葉県市川市中山)出身。15歳のとき上京して英語を学び、1871年(明治4)大学得業生となる。仙台英語学校を経て、79年新たに開設された体操伝習所の教師となり、主任教授ジョージ・リーランド(アメリカ)の通訳として、その学説ならびに実践の紹介に尽くした。その著書『新撰(しんせん)体操書』(1882)はリーランドの講義を訳述したものである。さらに85年には田中盛業と共著で『戸外遊戯法』(一名『戸外運動法』)を出したが、これは日本人によって書かれた最初のスポーツ解説書ともいうべきものである。のち東京高等師範学校教授となり、1902年(明治35)欧米視察を終わり帰国の際、外国で覚えた卓球の用具を土産(みやげ)に持ち帰り、これを日本に紹介した。[大谷要三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

坪井玄道の関連キーワードG.A. リーランドドッジボール大正時代つぼい英学

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android