垂る(読み)シズル

デジタル大辞泉の解説

しず・る〔しづる〕【垂る】

[動ラ下二]木の枝などに積もった雪が滑り落ちる。
「朝まだき松の上葉の雪は見む日影さし来ば―・れもぞする」〈丹後守為忠百首〉

し‐だ・る【垂る】

[動ラ四]長くたれ下がる。しだれる。
「限りなく宿のさかえむしるしにや君が御垣に―・る小柳」〈重家集〉
[動ラ下二]しだれる」の文語形

た・る【垂る】

[動ラ四]
物の末端が下方へさがる。たれさがる。
「あさましう高うのびらかに、先の方少し―・りて」〈末摘花
したたる。流れおちる。
「父の命はたくづのの白ひげの上ゆ涙―・り嘆きのたばく」〈・四四〇八〉
[動ラ下二]たれる」の文語形。
[補説]中世初期に「垂らす」が用いられるようになり、他動詞としては下二段の「垂る」と併用されるようになった。その影響で自動詞のほうにも変化が生じ、自動詞の四段「垂る」はしだいに用いられなくなった。現代では自動詞としては「垂れる」、他動詞としては「垂れる」と「垂らす」がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しずる【垂る】

( 動下二 )
木の枝などに積もった雪が落ちる。 「朝まだき松のうは葉の雪は見む日影さしこば-・れもぞする/為忠百首 丹後守

しだる【垂る】

( 動四 )
下にたれさがる。 「葉-・りて枝に垂れしけり/今昔 1
( 動下二 )

たる【垂る】

( 動四 )
水滴がしたたり落ちる。たれる。 「白ひげの上ゆ涙-・り/万葉集 4408
ものの一端が下に垂れ下がる。 「(鼻ハ)先の方少し-・りて色つきたる事/源氏 末摘花
( 動下二 )
たれる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android