コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垂る シズル

6件 の用語解説(垂るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しず・る〔しづる〕【垂る】

[動ラ下二]木の枝などに積もった雪が滑り落ちる。
朝まだき松の上葉の雪は見む日影さし来ば―・れもぞする」〈丹後守為忠百首〉

し‐だ・る【垂る】

[動ラ四]長くたれ下がる。しだれる。
「限りなく宿のさかえむしるしにや君が御垣に―・る小柳」〈重家集〉
[動ラ下二]しだれる」の文語形。

た・る【垂る】

[動ラ四]
物の末端が下方へさがる。たれさがる。
「あさましう高うのびらかに、先の方少し―・りて」〈末摘花
したたる。流れおちる。
「父の命はたくづのの白ひげの上ゆ涙―・り嘆きのたばく」〈・四四〇八〉
[動ラ下二]たれる」の文語形。
[補説]中世初期に「垂らす」が用いられるようになり、他動詞としては下二段の「垂る」と併用されるようになった。その影響で自動詞のほうにも変化が生じ、自動詞の四段「垂る」はしだいに用いられなくなった。現代では自動詞としては「垂れる」、他動詞としては「垂れる」と「垂らす」がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しずる【垂る】

( 動下二 )
木の枝などに積もった雪が落ちる。 「朝まだき松のうは葉の雪は見む日影さしこば-・れもぞする/為忠百首 丹後守

しだる【垂る】

( 動四 )
下にたれさがる。 「葉-・りて枝に垂れしけり/今昔 1
( 動下二 )

たる【垂る】

( 動四 )
水滴がしたたり落ちる。たれる。 「白ひげの上ゆ涙-・り/万葉集 4408
ものの一端が下に垂れ下がる。 「(鼻ハ)先の方少し-・りて色つきたる事/源氏 末摘花
( 動下二 )
たれる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

垂るの関連キーワード頭が下がる酸がる溜飲が下がる生ひ上がる暗がる暗れ塞がる迫り上る立塞がる垂れ下る手が下がる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

垂るの関連情報