コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

型板ガラス かたいたガラス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

型板ガラス
かたいたガラス

透視を防ぐことを目的として全面に型模様をつけた板ガラス。板ガラスの表面に彫り模様をつけ (他の面はロールしたままの平面) ,その表面で反射する光線が彫り模様の凹凸で複雑に屈折し,それが透視を不可能にすると同時に,美観をも添えるもので,暮しの高度化に伴って需要は非常にふえている。直射光をさえぎり,部屋の感じをやわらかにする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かた‐いたガラス【型板ガラス】

片面あるいは両面に細かな凹凸の模様をつけた板ガラス。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

型板ガラス【かたいたガラス】

板ガラスの片面に各種の型模様の凹凸をつけたもの。表面に型を刻んだロールを用いてロールアウト法で製造する。光線を散乱させて室内に明るく柔らかい感じを与え,透視を防ぎ,美観も添える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かたいたガラス【型板ガラス cathedral glass】

表面に凹凸模様をつけ,視線をさえぎる目的で使用される板ガラス。型模様が刻まれたロールを使用し,ロールアウト法(〈板ガラス〉の項参照)で作られる。デザインによって視線の遮断効果が異なるため,使用個所によって模様を選択する必要がある。【安井 至】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かたいたガラス【型板ガラス】

片面や両面に種々の型模様をつけた板ガラス。視線を遮る用途に用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

型板ガラス
かたいたがらす
figured glass

表面に凹凸をつけたガラスで、溶解窯から出てきたガラスを2本のロールの間に通すことで製板される。ロール表面には型模様が彫刻されており、ロール通過時にガラス面に転写される。表面の凹凸によって光を通しながら視線を遮ることができる。この特長を利用して室内の間仕切り、窓、玄関、応接間、浴室、洗面所など、装飾性と視線の遮断が必要な場所に用いられる。また、光透過性に優れ、表面反射を低減した型板ガラスは、太陽電池のカバーガラスや温水器のカバーガラスとして用いられている。[伊藤節郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone