コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小袿 コウチギ

大辞林 第三版の解説

こうちき【小袿】

〔「こうちぎ」とも〕
平安時代以降、貴族の女性が、唐衣に代えて裳とともに着用した広袖の上着。袿うちきより裾すそ短かにし、近世には中陪なかべをつけた。日常着。また、準礼装ともした。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小袿
こうちぎ

公家(くげ)女子衣服の一種。平安時代以来、高位の者の準正装として用いられた上着。垂領(たりくび)、広袖(ひろそで)形式で、袿(うちき)より袖幅がやや少なく、身丈が短い。袿を数領重ねた上に着て、改まったときには唐衣(からぎぬ)のかわりに小袿を着て裳(も)を腰につける。小袿姿の図として、『源氏物語絵巻』「宿木(やどりぎ)」の段の六の君、『紫式部日記絵巻』の中宮彰子(しょうし)があげられる。鶴岡八幡(つるがおかはちまん)宮蔵御神宝装束の小袿は鎌倉時代の遺品である。近世の小袿は袿とまったく同形で、中倍(なかべ)といわれる絹地を、表地と裏地の間に挟んで仕立てたものを称している。明治時代以後は皇后、皇太子妃、皇族妃、内親王が宮廷祭儀の軽重により、小袿に五衣(いつつぎぬ)、単(ひとえ)、長袴(ながばかま)、檜扇(ひおうぎ)の装束と、これから五衣を省いたものを用いる。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の小袿の言及

【袿】より

…つまり,表面に重ねて着ていたものを脱いで,内部に着ていた袿が表に出て,これが表着となったのである。袿は本来袷であったが,その襟,袖,裾の中間にさらに中倍(なかべ)という裂(きれ)を入れて,表,中,裏と重色目を3色に見せたものを小袿といった。高貴の女姓などは,この美しい小袿を着用した。…

【服装】より

…後世,十二単(じゆうにひとえ)と呼んだもので,ここに貴族的な優美な女装が完成された。これに対して,女子日常の服装として小袿姿,袿姿,小袖袴などの服装が行われた。小袿は礼装の唐衣に代わるものとされ,袿に表着を着て裳をまとった上にこれを着たり,また表着,裳を略してこれを着ることもあった。…

※「小袿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小袿の関連キーワード中陪・中倍婚礼衣装宿直装束ふさやか二倍織物女房装束機織女紅梅襲着做す表着五衣えり重袿打掛祭服袿袴細長黒橡近世唐衣

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小袿の関連情報