コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基礎神学 きそしんがくtheologia fundamentalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

基礎神学
きそしんがく
theologia fundamentalis

啓示の事実性に対して,科学的客観的認識および証明を積極的に提示しようとするカトリック神学の一部門で,その基礎づけは哲学的歴史的方法によってなされる。信仰の学 scientia fideiとしての神学は信仰の真理が神より啓示され,かつそれが教会の不可謬的教導権にゆだねられていることを前提とするが,基礎神学はこの神学のいわば基礎的部門としてかかる神学上の前提の正しさを理性によって検証するのである。基礎神学の萌芽はすでに初代教会における護教論 (たとえばラクタンチウス,テオドレトス,アウグスチヌスら) のなかに見出され,トマス・アクィナスに代表される中世のスコラ学において相当の発展をみたが,それが固有の学的体系をもつにいたったのは近世に入ってからで,F.ベラルミヌス,ビッヘル,B.シュタットラーらの業績に待たねばならなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きそしんがく【基礎神学 fundamental theology】

カトリック神学の一分野。啓示の真理を取り扱う信仰の学問である教義学体系に対して基礎を与えようとする分野であり,プロテスタント神学では教義学序論(ドイツ語プロレゴメナ)の用語が用いられるが,実際は,後者は教義学の内容の総論的性格が強く,基礎神学の場合のように,学問の理論的な基礎づけを行うものとは趣を異にする。かつては護教論apologeticaと名づけられたこともあったが,この場合は,その理論づけがキリスト教に反対する人生観,世界観に対して,信仰の学問である神学が理論的に可能であるというばかりでなく,キリスト教の特質を明らかにし,その真理性を弁明する面が強調されたことによる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

基礎神学の関連キーワードキリシタン学校エーベリンクリュバックカーノ

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android