コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堺春慶 サカイシュンケイ

デジタル大辞泉の解説

さかい‐しゅんけい〔さかひ‐〕【×堺春慶】

室町時代以降で製された春慶塗

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堺春慶 さかい-しゅんけい

?-? 室町時代の陶工。
「堺鑑」によれば尾張(おわり)(愛知県)瀬戸茶入れをつくり,さらに伊勢(いせ)(三重県)にうつる。子孫が千利休のころまで堺にすんだという。なお,瀬戸の初代藤四郎(加藤景正)の隠居後の号も春慶といい,その後やかれた茶入れも春慶といわれた。号は舜慶ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

堺春慶の関連キーワード春慶(1)室町時代薄茶器

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android